私たちが育てています
facebookはこちら

ぶどうのづくりの作業

乳酸菌による土作りとカルシウムを効かせる施肥でおいしいぶどうを目指しています。1年間の作業をまとめました。

時期 作業 作業内容
2月 剪定 古い枝を切り落とし、新しい枝が出るよう切り込みます。
3月上旬 芽傷処理 出芽を促すため主枝に傷を入れます。
4月中旬 ビニール張り ぶどうの芽や葉を保護し、病害を少なくするためビニールを張ります。
5月下旬 芽かき 芽かきをして結果枝の数を調整します。
防鳥ネット張り カラスの被害を防ぐため、トンネルメッシュの上に防鳥ネットを張ります。
6月上旬 誘引 伸びた枝を整理して、棚へ縛り付けます。
6月中旬 ジベレリン処理 種なしにするため、ジベレリンを2回処理します。

6月から
7月中旬

花穂の整形
粒間引き
房の形を整える
花が咲く前に花穂の長さを3~4cmに短くする。
単位面積あたりの房の数を制限する。
1房あたり30~40粒に整理し、房の形を整え、着色と食味の向上を図る。
7月中下旬 袋かけ 農薬の付着を防ぎ、虫がよらないように袋をかけます。
7~8月 灌水 ぶどうの粒が大きくなり、味がのるようしっかりと水やりをします。
9月~10月 収穫 色がついて味がのったものから収穫します。
9月下旬 礼肥 光合成を活発にし、樹体へ養分を貯蔵させ、来年の良い発芽のため、肥料を施用します。
10月下旬 ビニール・ネットの撤去 収穫が終わったら、トンネルビニールと防鳥ネットをはずします。
11月 元肥 堆肥や化学肥料を施用し、乳酸菌と混ぜた後、浅く耕耘します。